自己紹介3-3『将来の夢-元パティシエ→今は?』

お菓子

こんばんわ!ぱっしーです!

 

長いこと続いていた自己紹介シリーズも一旦ここでひと段落ですかね。次回からは日常的な部分に触れたりだとか、以前一回紹介したアンチエイジングスイーツレシピなどを紹介していきたいと思います。

 

目次

・お菓子研究家

・真の健康を伝える

 

☆お菓子研究家

さて早速本題へと移っていきますが、お菓子屋を辞めた時から「一体僕は何者なのだろう?」と思っていました。今まではお菓子屋に勤めていたので「パティシエです!」と言えました。でも辞めてから「元パティシエ」ってずっと言ってたんですよね。でもそれだと「今は何してるの?」って自然な疑問がわきますよね。そこで改めて自分のやってることを見直して答えが見つかりました。それが

 

【お菓子研究家】

 

というフレーズだったんですよね。

実際今やってることは、現在あるお菓子を健康的に再構築しアンチエイジングスイーツにするよう研究しています。

  • 出来るだけ砂糖や小麦粉を使わないよう心掛ける
  • 成分に注目して健康の相乗効果を狙う

とかしてます。

 

砂糖に関しては

・一日の摂取量が67gを超えるとうつ病発症率が上がるという研究があったり、

小麦粉については

・5gのグルテンを摂取したら、軽いうつ症状が現れた、という研究があったので出来るだけ控えたいんですよ。

 

あとは先日アップしたレシピでは、

・お茶に含まれるテアニンと高カカオを組み合われると血圧の低下などの効果がみられるということがあったので、この二つを使ったカップケーキを作ったわけです!

 

正直お菓子研究家ってあいまいな定義だったりするとおもいますが、過去の経験や今色々必死に勉強しているのでより良いものを世に出したいと思っております!

 

 

☆真の健康を世に伝える

これは少し大きく出たように感じますが、これは僕のひとつの役目だと思っております。

過去病気に悩まさせて絶望の淵に立たされても、今こうやって楽しく暮らしていけているわけです。正直僕自身辛い時期にこういった文章を読んでも「あなたには僕の辛さが分からない」とか「どうせあなたはそんなに症状がおもくなかったんでしょ?」と受け入れることができませんでした。でも卑屈に構えていた僕でも、意識を変えれば変われたのです。すぐ受け止めてもらえなくても構わない、でもふとした瞬間に「なんか立ち直ったやついたな」位でも覚えてくれて前を向いてもらえたら幸いです。

プラスしてお菓子で世の中に真の幸せを提供することも目標に掲げています。どうしてもお菓子はカロリーが高くて太るとか、嗜好食のイメージが強く敬遠されがちですが、食べ方や食材を変えればそんなことは無いと思っています。科学が解き明かした真実をもとに、食べるとどんどん健康になれるアンチエイジングスイーツを生み出していきたいと思ってますのでよろしくお願いいたします!

 

 

では良い感じにまとまったことで長きにわたった自己紹介を終わりますかね。

みなさん、少しは僕がどんな人間か分かっていただけたでしょうか?なかなか文章力がないので伝わりにくい部分があったりだとかしますが、わかっていただけたら幸いです。

 

では、次の更新でお会いしましょう!ノシ

 

コメント

  1. […] 『パティシエ×健康オタク=アンチエイジングスイーツ』 […]

タイトルとURLをコピーしました