睡眠について

アンチエイジング

どうもこんにちは!ぱっしーです!

突然ですが、皆さんは自分はよく眠れている方だと思いますか?近年では不眠に悩ませてれいる人が多く、だいたい全人口の10%は「眠れない」悩みを抱えているそうです。個人的にはこの数字は少ないように感じていて、もっと多くの人が悩んでいるのかなぁと思ったりしています。もしくは寝れてはいるけどもっと睡眠の質を上げたいなぁと思ってるのではないでしょうか。

僕は数年前までは病気のせいもあり全然眠れない生活を送っていました。寝れないにも種類があると思いますが、

・布団に入ってもなかなか寝付けない

・やっと寝たと思っても夜中何度も目がさめる

など、睡眠の質は最悪でした。

こうなると、

夜寝れない→朝スッキリしないので日中のパフォーマンス低下→モヤモヤした気持ちで就寝→また悩んで寝れない

といった悪循環が生まれることになります。

しかし今は布団に入ってから5分もしないうちに寝れるくらい寝つきも良く、朝もスッキリした状態で起きれています。今日はどうして「このような状態まで持っていけることが出来たのか?」を今やっている事を含め話して行きたいと思います!

★目次

  • 睡眠の質向上の為に

  • 行動の具体例

  • オススメのアプリ、ガジェット

では始めていきましょう!

・睡眠の質向上の為に

まずそもそも不眠症で悩んでる人に考えてもらいたいのが「本当に自分は不眠症なのだろうか?」ということです。どういうことかというと、自分は寝れないと思っていても実は普通に寝れているケースって意外に多くて、認識の違いだけで改善することがあります。なので皆さんスマホをお持ちだと思うのでとりあえず睡眠アプリを取ってみて測定してみる事をオススメします。

まぁどちらにしても睡眠アプリを取って自分の睡眠状況の把握は非常に大事なので取っときましょう。これをどう使うかというと、まず一週間ほど今まで通りの生活をした上でログを取ります。するとその中で寝れた日、寝れなかった日が出てくると思います。単純な話寝れた日を増やして寝れなかった日を少なくしていくことが出来れば自然と睡眠の質は上がっていきますので、「なんでこの日はよく眠れたのか(眠れなかったのか)?」を考えてみましょう。必ずその日の行動にヒントが隠れていると思います。見つけられたら生活を少しづつ改善して行きましょう!

・行動の具体例

「生活を改善しろ」と言われてもどうすればいいか分からないかもしれないのでいくつか紹介したいと思います。

・夕方以降のカフェインは避ける

・夜、スマホやPCなどは見ない

・人間関係を良くする

・まず1個目ですがカフェインを避けるのは絶対ですね。夕方以降に飲んでしまうと体に残って睡眠に影響してしまいますのでやめた方が吉です。飲んでリラックスするという方であればノンカフェインのコーヒーや紅茶、ココアなどの飲料で置き換えてみましょう。

皆さんは睡眠の事を考えた時「朝、どうすれば気持ちよく起きれるか」に注目すると思いますが、朝だけに注目してしまうとなかなか上手くいきません。なぜなら睡眠とはグラデーションのように前日から始まっているからです。

朝早く起きたいなら目覚ましを早く設定する→その為に前日早く寝る、のように

朝気持ちよく起きたい→前日の行動を改善する、事が非常に重要です!

・そしてこれは2番目繋がってくるのですが、スマホやPCも出来れば避けたいですね。もちろんブルーライトの影響もありますが、何よりネットっていろんな情報があって楽しいんですよ。するとその好奇心から脳が興奮してしまって寝つきが悪くなってしまいます。

でもこれはなかなか難しいので、さらなる上を目指したい人はやってみてください。

・では「もっと手軽にできる方法はないのか?」という方へちょっと意外な方法をお伝えします。それは人間関係の向上です!「え?睡眠に関係ないじゃん」と思われるかもしれませんが、これがもしかしたら1番重要かもしれません。最近の研究では孤独の人は寿命が短くなるという事が言われていて、どんなに健康的な食事、運動をしていてもその人が孤独ならタバコを吸うのと同等、もしくはそれ以上の悪影響があります。なので是非見直したいポイントで、量とか関係なく「今、自分には大事な人がいるな」と思えたら十分です。それは家族でも友人でもパートナーでも思い浮かぶ事が出来ればオッケーです。似たような話で、寝る前に楽しかった事を思い出すだけでも寝つきが良くなるという研究もありますのでぜひ試してみて下さい。

・オススメアプリ、ガジェット

ここでは今僕が使っているアイテムを数点紹介したいと思います!

起床:就寝向け

HUE

これは照明器具です。「何故睡眠器具の紹介なのに照明?!」と感じた人はいらっしゃいますでしょうか?実はこれが起きるのにメッチャ大事なんです!

一般的な方はスマホのアラームとか目覚まし時計とか音で起きる方が多いと思いますが、音で起きるのは非常に良くないのです。何故かと言いますと、狩猟時代など寝ている最中に音がするというのは敵が近づいている証拠だったり危険を察知する合図なんです。なので敵から逃げるために一気に血流が巡って起きれますが一時的なものなので最高の起床とは言えないんですよね…。

ではどうすればいいかと言いますと、光で起きるという事が大事なんです!そこでHUEの出番なんですが、これは起きたい時間の数十分前から少しずつ明るくなっていきます。なので太陽で目が醒めるように快適に起きれます!睡眠アプリとリンクすることもでき、起きたい時間に近く睡眠が浅い(レム睡眠時)に光り始める機能もあります。さらに寝たい時間を設定すればその時間に合わせて徐々に照明が落ちていくこともできるので速やかに睡眠に導入する事ができるという凄れものです!ただ値段が少し高いというデメリットもありますが、少し投資してあげれば日中のパフォーマンスで十二分に取り戻せるので是非オススメです。

睡眠導入

mind shuffle

これはなかなか寝付けない方にオススメのアプリです。何故人が寝れないかと言いますと単純な話色々考えてしまっているからなんですよね。「今日あんなミスしちゃったなぁ」とか「あぁすれば良かった」などが寝るのを邪魔しているのです。

そこでこのアプリの使い方なんですが、数秒ごとにランダムで単語が読み上げられそれを頭でイメージするだけです。一見逆に寝れなくなるような気もしますが、その単語以外無駄な事を考えないで済むので気が付けば寝落ちしちゃってますね笑

最近は睡眠のログがつけられるようになったので、自分の寝るタイミングや寝覚めの気分の記録するのにも非常に使えます。ただアラーム機能はない?(自分が知らないだけ)ので他にアラームを掛けときましょう。

③ラベンダーのアロマ

これは実にシンプルでラベンダーには安眠効果があるので寝る前からつけときましょう。習慣にしてしまえば「ラベンダーの香り=寝るんだ」と1つのトリガーになるので体が勝手に眠くなり始めます。タイプは色々あると思いますので、自分に合ったものを買っていただければオッケーです!

・最後に

さて今回はいかがだったでしょうか?睡眠に関しても書きたい事が色々あり、正直これだけでは収まっていません笑

ただ長くなりすぎてもどうかなぁと思ったので今回はここまでにさせていただきました。内容については具体的な話やオススメアプリなどはすぐ実践できるてすぐ効果を感じられると思うので、是非みなさん好きなものを選んでやっていただけたらと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました