コーヒーについて

お菓子
この記事は約3分で読めます。

こんばんは!ぱっしー です!

最近暑くなってきて、水分補給が非常に大事になっております。パレオ式ダイエットをしていると飲める物も限られてきて、『水、お茶、ブラックコーヒー』のみだったりします(パレオ式ダイエットの教科書参照)。そこで今回は大事な水分源、コーヒーの話をします!

・コーヒーのメリット

何事にもやる前にメリットを知りたくなるのが人間の心情。実際知っていた方がモチベーションも上がりますし、効果を感じられやすいですからね。では最初に多くあるメリットから3つ程ピックアップ致します!

  • ダイエット効果
  • 集中力up
  • アンチエイジング

他にも本当に色々な効果のある有能なコーヒーですが、個人的にこれらを選びました。

・ダイエット効果

これは、コーヒーに含まれるカフェインの効果なんですが『安静時代謝を上げてくれます。』つまりなんにもせずとも自然に脂肪が燃焼するということなんです。体型による個人差があったりするんですが、研究によると2時間おきに飲んで計6杯飲むと、1日の約1割ほど脂肪が燃えていたんだとか。流石に6杯はキツいのでそこまで飲めませんが、燃やす効果がある事を知っていると良いかもしれませんね。

・集中力up

これはカフェイン単体でも6%の集中力がupさせることが出来ます。しかしここにお茶などに含まれるテアニンという物質と一緒に摂ったところなんと10%も集中力が上がりました。これはカフェインの勢いをテアニンがうまい具合にサポートしてくれることにより、単体よりも更に上げることが可能になったみたいです。

実際この実験の量を市販のもので摂るのはなかなか不可能に近いので、各種サプリがオススメです。

・アンチエイジング

アンチエイジングってザックリ書いちゃいましたが、これは寿命が伸びるなども含まれております。1日1杯から5杯までのコーヒーで

  • 糖尿病
  • 心疾患
  • 自殺

などのリスクも下がるのでやはり飲んで上げることは大事になってきますね。

・飲む際の注意点

どんなに有能なものも使い方や容量が必ずしも存在します。便利なものも使い方を間違えたらえらいことになってしまったり、過剰摂取による悪影響も大きいですからね。

・まずは自分のカフェイン耐性を知りましょう

どんなにカフェインが良いからといっても、飲んで辛くなってしまったら逆効果。一週間ほど一定量飲んでみて日常に対する影響を記録してみましょう。夜寝れなくなってしまったなどあれば時間をずらすか量を減らすなど対策が必要です。まだイケると思っても実験によっては6杯とか飲んでるケースもありますが、色んな研究から3杯くらいがちょうどいいんじゃない?ってところがあるので各自調整してみてあげてください。

・コーヒーの飲む時間

あとはクロノタイプと通じるところがありますが、飲む時間も非常に大事になってきます。例えば朝起きてすぐ飲まれる方もいると思いますがそれではあまり効果がないんですよね、というのも、起きてからは体が自然と覚醒状態になっているのでそこにカフェインを入れても無意味なんです。では朝はいつ頃飲めばいいかというと、朝イチの集中力がなくなってくる起きてから90分後辺り。あとは最初に触れましたが個人のクロノタイプと相談して飲んでみてください。イルカの例を載せますと、午前8時半〜11時、または午後1〜2時に飲むといいのでご参考に。

・最後に

コーヒーのメリットがあまりにも多くて書ききれませんでした笑!なのでまだまだあるコーヒーの素晴らしい点については今後お話しします。

ではまた次回お会いしましょう!ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました