引っ越し

弟子

こんばんは!ぱっしーです。

前回から始まった近況報告シリーズ。前回はブログの見直しと共にもっと自分の話をしようと思い過去を振り返ってみました。今回は個人的にも一大イベントであった引っ越しの話をします!

☆目次

  • 断捨離?
  • 結局残ったもの

では本題へと参りましょう!

・断捨離

皆さん引っ越す時に問題となるのは物の管理ではないでしょうか?僕もこの問題にぶつかりました。昔からものを捨てられないタチで、「絶対に使わんやろ?」と思うものも捨てられずに取っといていました。今まで住んでいた家は20歳の頃に家を出てからなんだかんだずっといたので10年近く住んでいました。しかもその時実家から自分のものも全て移していたのでそこそこの量です。

そんな僕が物を捨てようと思ったきっかけは「ヒトは物が多く選択が増えるほど脳が疲れる」などを聞いたからですね。当時は使うものがすぐ周りにあり、使わんものは押入れに入れとけばそれでいいやと思っていましたが、押入れの中を含め一気に掃除することに決めました。それに今までの自分を変えようと思った時やったのが『超朝活生活やパレオダイエット』今までと真逆というかやったことのないことをすることによって変われると思っていたので、『物を捨てられない自分』→『物を捨てられる自分』になればまた前進できると思っていました。

こういう時よく『断捨離』という言葉が使われると思いますが、断捨離って結構しんどいんですよね…。なぜならば、ヒトは物を失うことにを非常に嫌がる性質を持っているからです。例えば1万円もらった時の嬉しさよりも1万円失った悲しみの方が大きくありませんか?これは『損失回避(プロスペクト理論)』という行動経済学などでよく使われる人間の性質です。なので物を捨てるというのは人間には大きな苦痛なので、この先の人生を共に歩む物を選ぶということを意識しました。そこでとても勉強になるのがメンタリストDaiGoの『人生を思い通りに操る片づけの心理法則』や『後悔しない超選択術』などの本だと思いますが、正直僕はこの本を読んでいないのでなんとも言えません笑…。しかしこの本の題材になる放送はリアルタイムだったりタイムシフトだったりで何度も見たのでそこから参考にさせていただきました。特に今回は持っていくものが限られていたので、1つのクリアボックスを決め、この中に入れるものを選ぶことにしました。これは物が勝手に減っていく7つの質問というのがあって、この1つのトラベラー思考に基づいたものです。あとはもう何年も使わなかったしこの先もいらないだろうとか、この先にも必要かなぁというロングスパン思考なども頭に入れどんどん選んでいきましたね。

・結局残ったもの

ということで押入れに入っていたものもほとんどなくすことが出来、今はだいぶ少なくなりました。服は一週間ローテンションできるほどにまとまり、そのほかの荷物も本棚1つ分ほど。過去の思い出と共に押入れにしまってあったものたちも結局クリアボックス1つ分にまとめることができました。正直その中に残っている卒業アルバムの類も捨てていいかなと思うくらいなので、もっと少なくすることが出来そうですね。

ここまでくると本当に要らんもんばっか集めていたなぁと思いました。昔大好きだったアーティストのCDやグッズも要らないし、好きだったゲーム類ももうしてないし、結局移動の際には処分に困る始末。なのでこの先生きていくにあたって物が欲しくなった時は、今回のこのことは大きな教訓です。「世界中どこにいても生活ができるようにしたい!」そのためにはすぐ動けることが大事!自分の生活の最適数を見極め、抱え過ぎず、そして抱えなさ過ぎず1番良い状態でいたいと思いました。

・最後に

では今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!今『超選択術』の方はkindle unlimitedで読めるので、登録してる方は是非!僕は一回入っていましたが読む本がなくなり残念ながら退会してしまったので普通に買いたいと思います。ではまた次回お会いしましょう!ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました