釜石プロジェクト(前編)

生活
この記事は約3分で読めます。

こんばんは!ぱっしーです。

今回は6月17日の夜に出て6/19の夜に帰ってきた、1泊3日の男旅『釜石プロジェクト』のお話をします。

・釜石プロジェクトとは?

そもそも釜石プロジェクトとはなんぞや?という声が聞こえてきそうなので説明します。このプロジェクトとは『旅をしながら仕事する』ということを念頭においた活動です。そして何故釜石へ行ったかというと、上司の知り合いが岩手県釜石市で和菓子屋を営んでおり、伝統的なお菓子『がんづき』を子供達に広めたいということが始まりでした。なのでうちのパンケーキとコラボして『がんづきパンケーキ』を作り新たに発信してきました。そして移動は何かというと、車中泊事業を行うCarstayさんの推薦でハイエース!とても大きな車で移動し道中楽しんできました♪

がんづき

みなさんの土地には伝統菓子などありますか?僕は正直あるかも分からないです。しかし各地にはそういったものがあるもの。今回は岩手県釜石市の『がんづき』。これは黒糖を使っていてフワッと蒸しあげたお菓子です。ネットとかで調べると蒸しパンに近いイメージと載ったいたのですが、今回頂いたのはしっかり弾力もあり同配合で作ったしっかりとしたスポンジに近かったです(伝わりづらいやつ…)

まぁそんな初耳なお菓子とパンケーキを初めてコラボしてみました。この先もカップケーキ同様挑戦と失敗の繰り返しです(前回と同じ流れなので割愛)

・いざ、出発!

6/17、営業を終えた後最終準備。ほかのところでパンケーキを作ったことがなかったので何度か不安になりつつも、一つの箱に収めることが出来ました。各々準備を整え、まずは待ち合わせ場所である南越谷へ電車で移動。無事到着しメンバーも全員揃いパシャリ。

最初からテンションMAXのまま釜石へと出発!

道中常に車内は盛り上がっておりましたw僕はこうして仲間とともに出かけたりする経験が少なかったり、ましてや初対面の人がいる中でちゃんと話せるかなど思っていましたが全くもって心配無用!ガンガン飛ばしていくので終始笑っておりましたw

車の中でお休みさせてもらいつつ、朝になりクセの強い温泉に到着。自然豊かな中に音楽ガンガンに鳴らしており「ヤバい店なんじゃないか?」と思いましたが料金も安く中も広くとてもいい温泉でした。リラックスしたあと目的地へ。

・パンケーキ交流

無事に釜石市に到着し、パンケーキを提供している『小島かふぇ』さんを訪問。まずはあらかじめ教えてあるパンケーキを改めて作ってもらうことに。しかしあれですね…文章のみで伝える難しさを改めて知りました。そして材料も違ければ作り方もそれに合わせる必要があるということ。また、お客様の層が違ければそれにも対応していかなければならないということを改めて気付きました。うちのパンケーキはフワトロで半熟のような仕上がりです。でも半熟と生焼けは紙一重。あちらは主婦層が多いとのことで、同じように出すと「生焼け」と言われてしまうみたいでした。なので、焼き方を変えたり、同じ材料が手に入らないこともありとても苦労させていました。そんな工夫の結晶であるパンケーキを頂いたところ、ベースは同じはずなのにこれまた初めて食べる食感でした。しっかりと火を通している分どこかプルンとして弾力があり、また食べにお邪魔させていただきたいですwそれに今回は時間が短かったのでしっかり伝授させてもらうことができなかったので、また一緒に作ったりもっと交流を深めていきたいと思いました!

・次回へ続く…

ここで一区切りさせてもらいます。気になる続きは…

☆幼稚園児に伝統を伝える

☆初のテント泊

など、予定しております。ではまたお会いしましょう!ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました